フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の口コミ評判をレビュー

家電

今回は、フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の特徴や口コミをご紹介します。

フィリップスの次世代ドライヤーであるBHD827/17は「髪のツヤ感がアップする」「すごく早く乾くのに髪がパサつかない」と口コミでも大評判です。

フィリップスドライヤーのプレステージは、こんな特徴があります。

  • その人の髪質に合わせた温度・風量に自動調節してテーラーメイドなヘアケアを実現
  • パワフルな大風量で短時間で髪を乾かす

髪が本来持っている潤いを最大95%キープするので、潤いのあるつや髪や、美容室でのヘアケアのような仕上がりが期待できますね。

髪を乾かすとパサつきが気になる、今よりもっとつやつやの髪になりたいというあなたは要チェックです☆

フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の口コミ評判をレビュー

BHD827/17を実際に使ってみた人の口コミが集まっているのでご紹介しますね。

フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の悪い口コミ

届いて箱の大きさにビックリ!箱を開けると大きなドライヤーでまたビックリ!

出典:Amazon

本体も大きく、重いです

出典:Amazon

プレステージは折りたためない。

このおかげでかなり置き場所のスペースを取ります。

出典:Amazon

コンパクトなドライヤーになれていると、BHD827/17のような高機能ドライヤーは大きくて重く感じるみたいです。

最初は使い方が慣れずに重く感じると思いますが、大風量ですぐに乾くので数日で慣れると思います。

フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の良い口コミ

短時間で一気に乾かすことが出来るので髪の毛がさらっときれいに乾きます。

出典:Amazon

ツヤ感のアップ度合いをものすごく感じました。

出典:Amazon

普通のドライヤーを使った時より手で触ってわかるぐらい髪の毛の状態がいいです。ツヤツヤになります。

出典:Amazon

髪が乾いて温度が上がるにつれ、ドライヤーからの温風の温度が下がりますのでとても楽です。

逆に、髪を浮かせるような形で温風を送り込むと、髪の根元に近い部分はまだ濡れていますから、すぐに温度が上がります。

出典:Amazon

これ以外にも、

特にスカルプ(頭皮)ケア用ノズルが、振動と温風でとても気持ち良くて、たまりません。

出典:Amazon

カール用ノズルは、カールした髪に下から当てて髪をふんわりと仕上げるのに適しています。

出典:Amazon

といったアタッチメントへの評価もありましたよ。

フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の特徴や機能

フィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17の特徴をご紹介します。

その人の髪質・髪の個性に合わせてドライ&ヘアケア

1番のポイントは、ドライヤーを使う人の髪質や髪の個性にあったドライやヘアケアができること。

それを可能にしている機能が「やさしく見守る髪をいたわるヘアケアする」なんです。

まず1つめの「やさしく見守る」。

こちらはドライヤーが1秒間に30回、髪の温度を測定してくれるんです。

1秒間に30回も温度を測定しているなんてオドロキですよね。

しかも測定しているのはドライしている髪そのものの温度なんです。

温度センサーがついているドライヤーでも、通常はドライヤーから出る温風の温度を測定していることが多いです。

その点、BHD827/17は使っている本人の髪自体の温度を測定してまさに見守ってくれているようなんです。

2つめは「髪をいたわる」。

1つめの見守るで1秒間に30回測定した温度を分析して、その人の髪質に合ったドライヤーの温度と風量に自動調節してくれるんです。

1秒間に30回も温度調整するので、熱すぎる熱で髪がダメージを受けないようにしています。

そして3つめの「ヘアケアする」。

「やさしく見守る、髪をいたわる、ヘアケアする」を実現しているのがBHD827/17に搭載しているSenseIQテクノロジーなのですが、これが髪が本来の持っている潤いを最大95%※1キープして髪を保護してくれるんです。

このテクノロジーが髪をダメージから守ってくれて、潤いのあるうるツヤ髪を保ってくれるんですね。

SenseIQテクノロジーってなに?

赤外線センサーとインテリジェントマイクロプロセッサーのことです

赤外線センサーが毎秒30回、髪の温度を感知してくれます

そしてインテリジェントマイクロプロセッサーが、感知した髪の温度をもとにドライヤーの温度と風量を自動調整していく形で連携し、過度な熱から髪を守ってくれます

※1:ジェントルモード(5分間)で試験した時の数値です

パワフルな風量で短時間に髪を乾かす

どんなにヘアケアにいいドライヤーでも時間がかかってしまうのは×ですよね。

BHD827/17は最大2.4㎥/分の大風量なので、短時間で髪を乾かすことができます。

最大2.4㎥/分の風量ってどのくらい?

ヘアドライヤーの風量は、「㎥(立方メートル)/分」という単位で表されます

数字が大きくなるほど風量は強いということになります

業務用ドライヤーは2.0㎥/分以上が多いです

ちなみに大風量で有名なダイソンのスーパーソニックの風量も2.4㎥/分となっています

自分の好みに合ったドライを選べる

BHD827/17は自分好みのドライになるように、温度や風量を自分の髪に最適な状態へ自動で調整してくれる機能があるんです。

「ファースト」モード

すばやく乾かしたい時に

「ジェントル」モード

ていねいにケアしたい時に

「マニュアル」モード

3段階の温度・風量を自分で選びたい時に

「スタイル」モード(「スタイル」アタッチメントで自動選択)

ブラッシングしながらのドライやスタイリングに最適

「速乾(ファースト)」、「ジェントル」、「マニュアル」モードで使用できます

「カール」モード(「カール」アタッチメントで自動選択)

髪に柔らかな風が均一にあるので、手軽にふんわりカールが作れます

「スカルプ」モード(「スカルプ」アタッチメントで自動選択)

アタッチメントがやさしく振動して、頭皮を刺激してくれます

同時に低温の緩やかな風が出るので、リラックスして髪の根本を乾かすことができます

フィリップスドライヤープレステージBHD827/17の口コミ評判まとめ

今回ご紹介したフィリップス ドライヤー プレステージBHD827/17。

大風量ですぐに乾かしてくれるのに、自分の髪質に合わせて細かく温度や風量を調節してくれるから便利ですよね。

毎日使うものだから髪を乾かす時間を短くしたい人や、髪のツヤ感をアップさせたい人はぜひ見てみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました